12/7(日) 三浦食材を使ったドーナツコンテスト、ミサキドーナツで開催!試食付き一般投票券も配布!

スクリーンショット 2014-12-02 15.26.36

三浦半島食彩ネットワークは、12/7(日)に神奈川県とNPO法人や企業の恊働事業である「特命子ども地域アクタープロジェクト」と協力し、三浦半島の食材を使用したドーナツレシピコンテストを三浦市三崎で開催します。同プロジェクトは子どもの社会性を育み、地域における活動の企画や運営に参加する機会を生み出すための事業。プロジェクトに参加した子ども達は三浦市の商店街や企業、農家などを視察し、三浦市の地域活性化イベントを検討し、三崎銀座商店街で運営する「ミサキドーナツ本店」をヒントに三浦の食材を使用した「みうら食彩ドーナツコンテスト」を企画しました。

この「みうら食彩ドーナツコンテスト」には神奈川県各地から35通の応募があり、三浦野菜を使用したドーナツ、しらすやわかめ、マグロなどを使用したドーナツレシピなどが送られてきました。この35通の応募レシピのなかから最優秀作品を決める「みうら食彩ドーナツコンテスト」を12/7(日)、ミサキドーナツ三崎本店(三浦市三崎3-3-4)で開催します。

コンテスト本番では書類審査を通過したドーナツをミサキドーナツのスタッフが実際に作り、試食会を行います。このドーナツコンテストには500円で参加することができ、参加者は本審査に残ったドーナツの試食と自分の気にいったドーナツに投票をすることができます。なんと、この試食付き投票券は高校生以下は無料です!(投票券は12/7にミサキドーナツ店頭で販売/配布します!)。

そして一般投票の結果と、コンテスト審査員の審査によってグランプリを決定。グランプリには三浦のおいしい賞品も用意しています。またグランプリレシピは商品化の可能性もあります。

「みうら食彩ドーナツコンテスト」の運営には「特命子ども地域アクタープロジェクト」に参加する子どもたちも参加。司会進行なども子供たちによって行われます。審査員には三崎銀座商店街・佐藤会長、三浦市観光協会・石毛会長、三浦市議会・石川巧議員、野菜ソムリエの石川アミさんなどが参加。そして審査委員長は三崎で活動するかもめ児童合唱団の青木くるみちゃん(小学校1年生)が務めます。また三浦半島食彩ネットワークはイベント会場にて三浦食材を来場者にPRするとともに、Webサイトでは優秀作品のレシピアイディアを公開します。

みうら食彩ドーナツコンテスト
日時:12月7日(日)14時~16時 会場:ミサキドーナツ三崎本店(三浦市三崎3-3-4)
主催:かながわ子ども地域アクタープロジェクト (事務局) NPO法人 ミニシティ・プラス
共催:三浦半島食彩ネットワーク 後援:三浦市観光協会 三浦市 三崎銀座商店街
協働:神奈川県【かながわボランタリー活動推進基金21(協働事業負担金)対象事業】

ミサキドーナツ三崎本店