【レポート】「かなさんの畑 × 食彩ネットワーク」食彩お料理教室:2月 三崎編

先月2月24日(水)、『旬ごはんを食べよう。食彩お料理教室』が三崎食堂で行われました!

今年は、神奈川県観光企画課とのコラボ事業となり、「かなさんの畑 × 食彩ネットワーク」の『食彩お料理教室』として開催しています。『食彩 お料理教室』は、料理の作り方を学ぶだけでなく、農家や漁師など食の生産者を招いて、それぞれの食材の作り方や美味しさの秘密など、食レクチャーも行います。

食彩お料理教室201602_1

今回のメニューはこちら!


テーマ:三浦半島の冬の味覚『ダイコン』!!
三浦半島で収穫される様々な品種のダイコンを食べ比べをしながら、旬の素材を絡めご紹介致します。

 1)金目鯛のポワレ・コロコロ野菜と共に
 ・神奈川県三崎漁港に水揚げされる脂の乗った金目鯛と彩り大根のコラボレーション。
 2)彩り豊かな大根のサラダ仕立て
 ・軽くマリネした彩り楽しい三浦の大根のサラダ仕立て。究極の食べ比べ!
 3)冬の大地の香り・ピンクのリゾット
 ・人気上昇中の冬の根菜ビーツを使い鮮やかなピンクのリゾットに仕上げます。


第4回目の「三崎編」のメインとなる旬食材は、金目鯛やカラフルな大根です。メニューには記載されておりませんでしたが、この日の朝、粋のいいブリが穫れたとの事で、新鮮なブリを入手する事ができ、急きょ「ブリのお刺身」が提供されました!今回に限り、特別です!!

食彩お料理教室201602_6
FullSizeRender
食彩お料理教室201602_3

お料理講師は、クッキングコーディネーター a la maisonの藤本洋子さん。野菜レクチャーは、野菜博士の高梨農場の高梨雅人さん、鮮魚レクチャーは、湘南しらすで有名な君栄丸の宮川元彦さん。 そして、メニュー監修は三崎食堂/サスケストアの井上靖彦さんです。当日は、J:COM湘南のカメラ取材も入りました。

食彩お料理教室201602_4

農家 高梨雅人さんには、三浦で生産される多種類の大根の説明を、漁師 宮川元彦さんには、金目鯛についてレクチャーしていただきました。それぞれの食材にはもっとも美味しい部位や、素材を活かす調理法などもあります。参加者の皆さん、金目鯛は食べ方より捕り方に興味を持たれる方が多かったようです!

食彩お料理教室201602_2
食彩お料理教室201602_7

上記メニューの3品から、『冬の大地の香り・ピンクのリゾット』と『金目鯛のポワレ・コロコロ野菜と共に』の彩り大根「コロコロ野菜」などを作りました。皆さん、手際よくテキパキと動き、先生の作った見本のお料理を味見しつつ、熱心に作られていましたヨ!

IMG_1157
IMG_1145
IMG_1148の=

完成後は、三浦半島でとれた旬食材のお料理と特別メニューを囲んで、「美味しい料理と美味しい話」を楽しみました。お食事の時間も藤本洋子さんがテーブルを周り、食材盛りつけのコツやポイントなど質問を受けていました。

IMG_1197

IMG_1218

また現在、「食彩お料理教室:3月鎌倉編」の参加者募集中です!
▼お料理教室のご案内はこちら(「かなさんの畑 × 食彩ネットワーク」)

cooking2016_img03