上大岡初、三浦半島の生産者が集まった直売マーケット「三浦半島食彩マーケット」開催

上大岡初、三浦半島の生産者が集まった直売マーケット!
生産者が旬の食材を販売する「三浦半島食彩マーケット」開催

三浦半島食彩ネットワーク(以下、食彩ネットワーク)は株式会社京急百貨店と、8/25(金)〜8/27(日)の三日間、京急百貨店1階・京急線上大岡駅改札口前特設会場にて、生産者自ら三浦半島の旬の食材を販売する「三浦半島食彩マーケット」を開催することを決定しました。上大岡で三浦半島の生産者が集まった直売マーケットは今回は初となります。
食彩ネットワークは三浦半島の農家や漁家、飲食店など”食”に携わるプロフェッショナルによって結成された団体であり、これまで農漁業体験や料理教室、生産者直売会などを通して、三浦半島産食材の「うまい」を伝える活動をしてきました。
そのなかでも生産者直売会「三浦半島食彩マーケット」は三浦・横須賀などで定期的に開催し、好評を得てきました。同マーケットは三浦半島の旬の農産物や海産物、それらを使った加工品を生産者や加工業者が自ら販売するマーケットです。独自の取り組みをする様々な農家、しらす漁師や猿島わかめの養殖家、そして水産加工業、精肉店、製麺所など多彩な食のプロフェッショナルを擁する食彩ネットワークの特徴を生かし、幅広い旬の食材を販売していきました。
京急百貨店で開催する食彩マーケットでも、三浦産・横須賀産の夏野菜を始め、湘南しらすの沖漬けやマグロのコンフィ、猿島わかめや荒崎ひじきなどの海産物、三浦半島産食材を練りこんだソーセージ、そして野菜ジュースや野菜ドレッシングなど、多彩な三浦半島産の商品を販売します。生産者が手作りしたこだわりの加工食品やお土産にも最適なオリジナル商品が並ぶのも食彩マーケットの魅力の一つです。
また、生産者に、食材の食べ方や調理法、また野菜の育て方などの質問することもでき、”食”についての知識を深めることもできます。
三浦半島食彩ネットワークでは、「食彩マーケット」を通じて生産者と消費者に、”食”によるコミュニケーションの場を提供し、三浦半島の食材の魅力を発信していきます。

「三浦半島食彩マーケット」概要
名称:三浦半島食彩マーケット
開催日:2017年8月25日(金)、26日(土)、27日(日)の3日間
開催時間:11:00~18:00(最終日8/27(日)は16:00まで)
場所:京急百貨店1階・京急線上大岡駅改札口前特設会場
   神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目6番1号 TEL045-848-1111(営業時間内)
内容:三浦半島の旬の食産物、加工品の販売